カテゴリー別アーカイブ: 悪質サイト

悪質出会い系サイト攻略法!詐欺にあった後の対応

よく有名どころの動画サイトなどでは、詐欺業者の出会い系サイトなどに電話して、逆に撃退するところを撮影し公開している人がいます。あれが実話かどうかはおいておいて、実際はやらない方がいいです。

悪質な出会い系サイトを経営している管理者というのは、海外でサーバーを借りて運営したり、銀行口座を偽名義で取得したりと、裏のやり取りに精通している可能性もあります。なので、本当に危険な人たちである可能性もありますので、動画サイトのように反撃して、自分の身を滅ぼすなんてことも可能性としてはゼロではありません。

確かにかっこいいし、すごいなとは思うのですが、正義感で自分の人生を台無しにしてしまっては意味がありませんし、どんなメールが来ても、無視することが一番の対策です。それでも不安な場合は、消費者センターや警察に電話しましょう。

基本的に、悪質出会い系サイトの一番良い対処法は「無視をする」事だというのを覚えておいてください。非道徳な人間に、道徳観を説いても、相手の心には届きません。常識で考えたらわかる事も、わからないから、人をだましてお金を搾取しているんです。

なので、普通の基準で考えない事。相手を理解しようとか理解してもらおうとか、和解しようなどとは一切思わない事です。そして、何をされても相手にしない。これ以外に解決方法はありません。

また、退会できないような仕組みを組んでいる悪質な出会い系サイトもあります。登録時には、捨てアドと言って、その出会い系サイト専用のアドレスを取得し、そのアドレスで登録。そして退会させてもらえないような場合は、消費者センターに相談しましょう。

ほっておいても大丈夫ですし、実際に請求されたりする事はないと思います。自分のプロバイダーから発行されているメインのメールアドレスは使わずいくらでも使い捨てのきく、フリーメールアドレスを使いましょう。

ワンクリック詐欺などでも同じなのですが、1度クリックしてしまったら、法外な額が請求され・・・というケースがあるのですが、お互いの合意でない契約は、キャンセルすることが可能で、払う必要などどこにもないという事と、あなたの弱みにつけこんでゆすりをかけてくるようであれば、知恵袋などに相談してみると他の被害者の方が答えてくれる場合もあります。

奪う側もいれば、救う側の人間もいます。仮に奪われたとしても、自分はそちら側の人間にはまわらないよう心がけましょう。

ネットと現実の出会いに差などない:悪質出会い系サイト攻略方法

まず、出会いを求めて利用者は出会い系サイトに登録しています。これって非常にわかりやすい需要と供給の場ですよね。そして、欲している人には欲しているものを与えてあげると、簡単に心を動かしてくれます。

あなたの友人などでもそうだと思うのですが、あなたが何かその友人が欲しているものを持っていて、知らず知らずに与えており、友人となったというケースが多いと思うのです。恋愛感情などでも同じ事が言えます。

好きだから相手に尽くす。好きだから一緒にいたい。理由なんてわからないけど、一緒にいて心地がいいから・・・というのが理由なんだと思います。悪質な出会い系サイトや詐欺会社がやっているのは、この人間心理を巧みに利用し、それを与え、信用させだますという作業です。

つまり、出会い系サイトに参加した時点で、あなたは出会いを求めており、悪徳業者からするとカモなんですよね。そして、かわいい女の子の写真を使って近寄り、個人情報を搾取したり、実際に出会ってからはめて、お金をだまし取る。取れる人からは骨の髄までしゃぶりつくす。つまりリピーター戦略です。

人間を商品としてみるなら、これも可能でしょうが、わたしたち一般の人間は子供のころから道徳教育を受けてきているので、この人間を商品としてみる感覚が理解できず、結果としてだまされてしまいます。

好きに理由なんてない・・・というのはわかります。ですが、やはり相手の人間である以上、自分が望んでいる異性と恋人になりたいと思うのです。そして、魅力的な人には集中しますが、もてない人というのは、出会い系サイトであろうが、現実の合コンだろうが、やはりもてません。

なので、かわいい女性から話しかけられるようなことがあれば、まず疑う。そして県外や海外の女性なども相手にしない事です。みずから遠距離を望む女性などいません。ドラマのような恋ではなく現実を見ましょう。

また、実際にあってみて、いろんな経験を重ねるまで、相手を信用しないようにする事です。信用してしまった自分に見る目がなかったのなら、次はだまされないようにする。逆境をバネにするくらいでなければ、本当の出会いなどはつかめません。

詐欺業者さえいなければ・・・と思うのは出会えない理由を述べているだけで、実際にわたしを含め多くの人が詐欺業者やサクラをうまく回避しながら、出会っているので、回避方法を学び、あきらめなければ、それほど悪質出会い系サイトや詐欺業者に怖がる事はないのです。

泣き寝入りか?闘うか?悪質出会い系の詐欺にあった後とるべき行動

詐欺にあった事ありますか?わたしはあるようなないようなといった感じです。あからさまなものはありません。ただ、お金を振り込んで、めちゃくちゃな商品を買わされたりという事はあり、連絡しても返信もないといった感じでした。

自分にあった方法を選択する

数千円だったので、あきらめるという方法を選択しましたが、わたしはこれでよかったと思っています。わたしの友人にこの話をしたら、仮に100円だったとしても抗議して取り戻すと言っていたました。

タイプの違いなのでしょうが、わたしはどうしても費用対効果を考えてしまうので、数千円のために、嫌な思いをしたり、相手を責めたてたりという作業をするくらいなら、その時間をなにか生産することに使いたいので、やりませんでした。

その友人はおそらく、お金よりも大切な何かが、抗議してお金を取り返す事で得られるのではないかと思います。羽振りもよく、まったくけちなわけでもありませんから、自分にあった対処法をとるのがベストでしょう。

詐欺会社との向き合い方

ただ、1つ注意点としては、○○すべきとか、物事はこうあるべき・・・といった考え方は手放した方が、詐欺にあったときに自分が楽です。たとえば、出会ってからホテルまで行って、シャワー浴びている間に財布を盗まれた・・・というのは完全に相手が悪いです。

しかし、世の中にはこういった理不尽な事が普通に起こりますし、、常識に当てはめて考えると自分が苦労します。実際、出会い系サイトなどでだまされ、うつ病などになった人もいますから、メンタル面を揺さぶられないようにする自分の軸を持っておかないと、こういった悪徳業者の対応はできません。

詐欺にあったお金を取り戻すには・・・

だます事が悪いとわかっていれば最初からしませんし、わからないからやるんです。そんな人たちを常識に当てはめて考える方が、損をします。詐欺にあった後、具体的かつ客観的に、内容証明書を作成し、詐欺にあった日時や金額、内容や相手のわかる範囲の情報を記載していきます。

次に消費者センターに支持を仰ぎ、決済機関に異議申し立てをし、振り込んでしまった金額を払い戻してもらうという事がうまくいった成功事例もあります。ただ、これには多大な労力と時間がかかります。

わたしのようにすべてを効率で考えるのもどうかとは思うのですが、衰弱しきって病気になるくらいなら、最初から手放した方が良いのではないかと考えます。健康と時間はお金では買えませんからね。

詐欺行為を拒絶する事が大事

多くの人は、詐欺にあったと泣き寝入りする事はあっても、対処法を講じようとはしません。たとえば、脅迫文のような内容のメールが届き、1週間以内に支払わなければ、○○の内容を職場や家族に話、あなたの生活環境を壊しますといった類の内容です。

弱みにつけこまれない

○○には、人間が指摘されると恐れるような内容です。たとえば法律に触れるような事であったり、道徳的なもの、家族を不幸にするような行為などです。実例を挙げるなら、不倫や浮気、援助交際などがそれに該当するでしょう。

そしてその弱みと、人の心の弱さを利用し、○○日までに振り込みがなければ、業者があなたの家に代金を徴収しにいきます。通常で振り込めば○万円のところ、自宅まで行くとなると調査料や人件費などもかかるため、○○○万円請求させていただきます。さらに金利が○○%で毎月かかってきてしまうので、急いで振り込まれた方が良いでしょう・・・などといって焦らせパニックにさせて振り込ませるという手口です。

振り込む人の共通点

また、これで振り込む人の共通点としては、詐欺会社のカモになりやすい性格であるという事です。悪質な詐欺会社にはカモリストなるものが出回っており、この人ならだませるとか、いくらでも請求できるというリストがあるのだそうです。

そして、一度でも振り込んだり、支払いをしてしまうと、そこから住所や電話番号などの個人情報を割り出され、本当に業者が来てしまうという事もあるかもしれませんので、絶対に個人情報の開示は避けましょう。

気が優しい人や、他人よりも自分を責めてしまう傾向にある人は狙われやすいですので、気を付けましょう。窮地を救ってくれるのは有力な情報です。それさえあれば冷静に対応することは可能です。

アイピーアドレスからは何もわからない

また、よくあるのが、インターネットを使った詐欺サイトの場合、アイピーアドレスと呼ばれる住んでいる都道府県までは割り当てられるアドレスと数字を開示し、さもこちらはあなたの個人情報を知っているというような手口で脅してきます。

アイピーアドレスから個人情報が割れる事はありませんし、個人を特定する事は不可能なので安心していいです。ただの脅しです。

万が一、本当に来ても警察や消費者センターが守ってくれる

最悪、他の手段でどうにかして住所を割り出し、本当に家に来れたとしても、無視し続けてその場はしのぎ、すぐに消費者センターや警察に相談しましょう。なので、何も恐れる事はないという事と、絶対にお金を払わない、個人情報は開示しない事を心がけましょう。

悪質出会い系サイトに潜む罠!実際に出会ってからのトラブル!

出会い系サイトによる詐欺は、なにもネット上だけで完結するのものばかりではありません。出会ってから被害にあうというパターンも多数報告されています。今回は、悪質出会い系サイトに潜む罠!実際に出会ってからのトラブル!というテーマでお話ししていこうと思います。この記事でひとりでも多くの読者さんが、悪質出会い系サイトの被害から救われる事を願っています。それでははじめようと思います。

ホテルでドロン

典型的なパターンですが、ホテルでシャワーを浴びているときなどに財布を抜かれて消えられるパターンです。これを防ぐ方法ですが、貴重品はすべて浴室に持っていく事以外にありません。信用してもらうために財布をそこに置いておくという人もいますが、会ってすぐの人を信用するなんて、自分からだましてくださいと言っているようなものです。

また、会ってすぐにホテルに行くのもどうかと思いますが、それ以上に自分から誘ってくるような女性は危険ですので、警戒しましょう。また、メールの段階で、やたら肯定的だったり、彼女のように接してくれたりする女性も怪しんだ方が良いです。

メールだと何とでも言えますし、あっちは仕事ですから、あなたの気持ちをつかむノウハウを持っています。その通りに実践すれば人の心を動かせお金を得られる事を知っているからです。

弱みと恐喝

ホテルで出会った女性と性行為をした後に、怖いお兄さんたちが来て、お金をとられるといパターンです。この対処法は、逃げれたら逃げる。人を呼ぶ。室内でそれが無理であり、身の危険が及ぶ場合はお金をとられても仕方ないかなと思います。そのあとに警察というケースしかありません。

また、浮気や不倫などである場合は、証拠画像を撮られ、それを家族に送るぞなどと言ってゆすられるケースや、出会った女性とのメールの内容に、援助交際などの違法行為をうながすような内容がある場合は、それで警察に通報するなど、法律を使ってお金をだまし取られるという方法もあります。

カモにされる

1度お金を振り込んだりしてしまうと、カモと思われていくらでもふっかけられます。なので、まず払わない事です。身の危険が降りかかるような場合は別ですが、冷静に考えればわかるとおり、おかしなことをしているのは相手です。

もしあなたが仮に後ろめたいような事をしていても、クレジットカードの番号や個人情報を開示していないのであれば、無視してそのまま関わらないで大丈夫です。それでも不安な人は消費者センターに相談しましょう。

信用する基準について:悪質出会い系サイト完全攻略

他人を信用するって難しい事だと思います。信用とか信頼関係って、築くのは難しいのに壊れるのはあっという間です。自分を信じる事も難しいですから、他人を信じる事というのは、違う視点から観察しないと、克服できないと思います。

今回はそのポイントをテーマにし、悪質出会い系サイトか優良出会い系サイトかを見分けるポイントを教えていこうと思います。どうぞ最後までおつきあいいただき、すばらしい出会いを手に入れられてください。それでははじめようと思います。

だまされてもいいかなと思った人だけ信じる

信じるから裏切られるわけですが、この回避方法は2つしかありません。1つは、最初から信じない事です。しかし、これでは、人間関係の構築は不可能であり、誰も信じられないのであれば、恋愛や結婚はできません。

また、出会い系サイトに登録している理由は出会いを求めているのですから、山にこもって仙人のような生活をしたいのであれば別ですが、一般的な生活をしたいのであれば、この選択肢はきえます。

2つ目は、信じてもいいやと思った人だけ信じる事です。たとえば、わたしの友人は知人がお金に困っており、貸してあげたそうです。かなりの大金です。しかし、10数年たった今でもまだ、返ってこず、もう連絡も取れないそうです。

彼がどのように思っているかはわかりませんが、お金を貸すなら返ってこないという前提で貸さないと貸せないよなとは言っていました。つまり、この人ならだまされてもあきらめがつく、恨まないという人だけは信じようとする。それなら自分で責任が取れます。

あなたを不幸にして自分だけが幸せになろうとしている人は、友人や恋人にはなりえません。

信頼出来る出会い系サイトの選考基準

次は参加する出会い系サイトを間違わない事です。これにつきます。どれだけ、容姿も性格もよく、メールや電話、デートに慣れていても、そのサイトがサクラばかりなら、どれだけ努力しても出会えません。

そして、出会い系サイトの選考基準ですが、まず実績です。何年継続してそのサイトを経営してきたか。次に利用者の口コミです。そして最後は、信頼出来る会社がバックアップしているかどうかです。これらの情報を一通りネットで検索して、被害者がいなかったり、成功例が多く報告されていたり、友人で実際に出会えた人がいるのであれば、当たりです。

あなたを救う!悪質出会い系サイトの対処法!

この記事を読んでいる人の中には、もう詐欺にあってしまってどうしていいかわからずに頭を抱えている人もいるでしょう。これから出会い系サイトに参加しようと考えている人は、明日は我が身と考え、予防策を講じましょう。それでははじめます。

最寄りの消費者センターに電話する

これにつきます。インターネットによる被害は、年々増加してきており、消費者センターには、たくさんの詐欺被害が報告されています。なので、ひとりで処理しようとせずに、まずは消費者センターに電話してみましょう。

たとえば、インターネットで勝手に購入したことにされて、請求された・・・などというのは、法律で守られており、支払う義務はありません。もし利用者が、同意してクレジットカードの番号なり、銀行振り込みなりをおこない、そのサービスを観覧する事をしたのであれば、支払い義務は当然生じるのですが、そうでないのなら何を言われようが完全に無視です。それで防げます。

こういったケースは、消費者センターには毎日のように寄せられており、対処法を知っています。パニックになる必要はありませんから、安心して対応してください。間違っても振り込んだりしないようにしないと、そこからあなたの情報が洩れ、芋づる式に請求されたり、脅迫文書が届いたりしますので気を付けましょう。

クレジットカードで支払う

出会い系サイト詐欺にひっかからないためには、クレジットカードで支払う事が必須となります。銀行振り込みでは、ほぼ回収は難しく、一度振り込んで、相手にドロンされてしまってはもう、取り返す事は不可能だと思っておいてください。

クレジットカードの場合は、使用後2か月後に自分の口座から引き落とされます。つまり、カード会社が代金を立て替えて相手に支払うため、そこにタイムラグが生じるわけです。クレジットというのは信用という意味ですので、信用した相手に対して、カード会社がお金を先に支払っておきあとからまとめて使った分だけは請求しますよというシステムなのです。

さらにクレジットカードはチャージバックや支払いをキャンセルシステムがあるので、カードで支払ったあとに怪しいなと気づいたら、すぐにカード会社に電話して、相手に引き落としさせないようにする事も出来ます。カード会社によってできないところもありますので、確認しましょう。

毎日明細をチェックする

クレジットカードを使っている人は、こまめに明細を確認することをおすすめします。カード会社によっては何日以内に連絡がないとチャージバックできないという会社もあるので、怪しい請求に気づいたらすぐに引き落としをとめてもらいましょう。

どの出会い系サイトが安全なのかわからない人への手引書

まず、出会い系をはじめたいという人たちが最初に一番悩むのがここです。名前を出すと、今後もそのサイトが優良サイトであり続けられるかは正直わからないところがあるので、具体的な名前は言えないのですが、ここ数年のデータはコチラを参考にしてください。基準を抑えておけば、まず間違いなく詐欺にひっかかることはありません。

常に意識しておいて欲しいことは、だますのはいつも人間であって、サイト自体には罪はないという事です。なので、どのサイトにも怪しいと思われる人はたくさんいますから、どうすれば回避できるかという考え方を持って、利用していけば、だまされることはまずないと思います。

大手の優良サイト

優良 出会い系サイト などでグーグルに検索をかけると、トップ10くらいの出会い系サイトが出てきます。あえて名前は出しませんが、人気のある出会い系サイトというのは、基本的に安全だと考えてもらっていいです。基本的にはです。

そして選考基準としては、大手が提供しているサービスかどうかという事です。YYCだったらライブドアみたいな感じです。基本的に大手のサービスというのは、認知度が高いため、信用を失うような事はしません。お客さんの信用を失うと、自分たちの会社が手掛けるほかのサービスの売上にも影響しますから、自分で自分の首を絞めることになるような事はしません。

なので、大手がバックアップしている出会い系サイトは大丈夫だと思っていてください。逆にブログを見ていたら、紹介文章があって、ここのサイトでこんなかわいい子と出会いました・・・完全無料です!なんて誘導サイトはアウトです。

大手でも一社だけは注意

やっていればわかるのですが、会員登録して、ポイントではなく、毎月の固定でいくらでもメールのやりとりができるというサイトがあります。大手が提供しているサービスです。そこはかわいい写真の子も結構いるのですが、かわいい子に関して言えば9割がサクラだと思っていて間違いありません。逆に容姿が普通の人などはまじめに参加している人ばかりでした。

実際、メールしてちょっと時間が経過すると、管理者から削除されました・・・などという表示がありプロフィールが消えていますから、サクラだと判断されたか、利用者から違反報告が続いたかで削除されたのだと思います。

上記で名前をあげてしまったので説明補足しておきますが、ライブドアのYYCはわたしが経験した1年間くらいは、かなり出会えましたし、とても優良な出会い系サイトでした。一度も詐欺にひっかかったこともありません。今は使ってないのでわかりませんが、やってみても良いと思います。

基本的な詐欺の3つの手口:悪質出会い系サイト完全攻略

手口を知ろう
手口は無数にありますが、基本的に悪質出会い系サイトの手口というのは、どれも同じきっかけから利用者をだましています。今回はその根底にあるだましの手口というのを理解してもらい、応用力をつけてもらいます。

これさえ習得できればほとんどすべての悪質出会い系サイトの詐欺にはひっかかりません。手口が無数なら、根っこから根絶する対処法を持ち、臨機応変に対応する事が鍵となります。

好き=信用出来る・・・をやめる

まず一つ目ですが、相手に対しての好意を利用する方法です。好きという気持ちは他人を信用するには、十分過ぎるほどの効果があります。つまり好きにさせてしまえば、簡単にだませるわけです。

あなたの友人知人を見渡してみても、好きだから信じてみてもいいかなと思った結果、約束をやぶられたという経験はありませんか?心を許した家族や友人でもこんな事があり得るのですから、他人となると相手は好き放題やります。

なので、対処法としては、好きになる気持ちを先に延ばす事です。会ってから、何度も話して、何度も経験を重ねて、その結果好きになるのとだまされる可能性はぐっと下がります。仮にだまされたとしても、この人なら裏切られてももういいや・・・と思ったのは自分ですし、あきらめがつくでしょう?それが友人たちと今も続いてる理由ですしね。人間の心は移ろいやすく、簡単に変わってしまいます。だますつもりはなくても人というのはそんなものであるということを踏まえたうえで、出会い系を利用しなければ、業者のカモにされるだけです。

弱い心につけこむ

恋愛って傷のなめあいだったりするところが基本となってきます。過去の傷をいやすため、肯定するために新しい出会いを求めているわけですから、やさしくされれば誰でも、心が動きます。そこを詐欺業者はつくだけです。

なので、やたら相手が親切でやさしいと感じたら、距離を置きましょう。メールでも、実際出会ってからでもそうなのですが、損得勘定を超えた先のやさしさは本物ですが、それ以外は、詐欺か何か目的があると思っていて間違いないでしょう。悲しい考え方かもしれませんが、自分を守るためには、割り切ることも必要になってきます。

恐怖で支配する

アイピーアドレスと言って、どの県からアクセスしてるという情報を公開して、さも個人情報を把握してるかのように見せる脅迫や、払わないとどんどん利用料金が膨らみ、業者があなたの家に代金徴収にお邪魔しますとか、手口は様々ですが、人間が持っている恐怖感をあおって払わせる手口です。

これは消費者センターに相談すれば、こんな請求はできないというのがわかりますので、実際に相談して、無視すればいいです。振り込んだら、そこから情報が漏れてしまいますので、要注意。

悪質出会い系サイトの手口

手口

悪質出会い系サイトとは言っても、実際にどのような目にあうのか、どのような手口でひっかっかってしまうのかというのは、実際に体験している人も少ないのではないかと思います。わたしは出会い系サイトの利用歴も長いので、本当にこんなのにだまされる人がいるの?という簡単な手口でだまされている人もいます。

出会い系に限らず、ある程度のリスク管理というのは、生きていく上で必須となりますから、だまされた経験があるのであれば、その失敗をバネに、未来の本当の出会いのために必要な経験だったと言えるように行動していきましょう。

優良の無料サイト・・・という広告

だまされている人のおそらく8割以上の人たちが、信じてしまった結果、だまされたというケースが多いと思います。もちろん、だます方が悪いのは悪いのですが、すぐに信じてしまうあなたにも問題はあります。

優良サイト!無料で女の子と話せます!などというサイトに会員登録し、かわいい写真の女の子から誘惑されるような内容のメールが送ってきたりして、テンションが上がり、何度かやり取りしているうちに、好きになってしまった。

そんなときに無料のポイントが切れ、あと一押しで出会えるのにというところで、終了。これ以上話したいのであれば、有料会員に登録してください・・・などというポップアップが出てきて、誘惑にまけて登録。個人情報を入力してしまったらもう相手はあの手この手でお金を奪い取ろうとしてきます。ここまでは完璧に業者のトラップです。

また、有料会員に登録してくださいなどというところはまだ悪質とは言えません。本当に悪質なのは、利用者が知らないうちにポイントを使っており、後から法外な額を請求してきたり、脅迫文書をおくりつけて人の弱い心理状態につけこんだりして、お金をだまし取るサイトです。

ただより怖いものはないのと、現実世界で女性にもてない男性が、そんなかわいい女の子から誘いがくるわけがないという現実を冷静に考える事。一時的な感情で動かないという事。この3点を抑えておけばほとんどの人がだまされることはなくなります。

出会うまでは期待を手放す

気持ちが昂るのはわからなくはありません。しかし、それでは相手の思うつぼです。今後出会い系サイトに参加される方も、一度失敗し再挑戦される方も、信用するという行為を、もっと先に設置するようにしてください。

信用というのは、築くのには大変な労力と時間がかかるのに対し、壊れるのは一瞬だと言われるほど、繊細なものです。結婚した夫婦ですら、お互いに信用しあえない人たちだっているのに、実際にあった事もない相手に対して信用が生まれている時点で、その感情を疑わねばなりません。