悪質出会い系サイトの手口


手口

悪質出会い系サイトとは言っても、実際にどのような目にあうのか、どのような手口でひっかっかってしまうのかというのは、実際に体験している人も少ないのではないかと思います。わたしは出会い系サイトの利用歴も長いので、本当にこんなのにだまされる人がいるの?という簡単な手口でだまされている人もいます。

出会い系に限らず、ある程度のリスク管理というのは、生きていく上で必須となりますから、だまされた経験があるのであれば、その失敗をバネに、未来の本当の出会いのために必要な経験だったと言えるように行動していきましょう。

優良の無料サイト・・・という広告

だまされている人のおそらく8割以上の人たちが、信じてしまった結果、だまされたというケースが多いと思います。もちろん、だます方が悪いのは悪いのですが、すぐに信じてしまうあなたにも問題はあります。

優良サイト!無料で女の子と話せます!などというサイトに会員登録し、かわいい写真の女の子から誘惑されるような内容のメールが送ってきたりして、テンションが上がり、何度かやり取りしているうちに、好きになってしまった。

そんなときに無料のポイントが切れ、あと一押しで出会えるのにというところで、終了。これ以上話したいのであれば、有料会員に登録してください・・・などというポップアップが出てきて、誘惑にまけて登録。個人情報を入力してしまったらもう相手はあの手この手でお金を奪い取ろうとしてきます。ここまでは完璧に業者のトラップです。

また、有料会員に登録してくださいなどというところはまだ悪質とは言えません。本当に悪質なのは、利用者が知らないうちにポイントを使っており、後から法外な額を請求してきたり、脅迫文書をおくりつけて人の弱い心理状態につけこんだりして、お金をだまし取るサイトです。

ただより怖いものはないのと、現実世界で女性にもてない男性が、そんなかわいい女の子から誘いがくるわけがないという現実を冷静に考える事。一時的な感情で動かないという事。この3点を抑えておけばほとんどの人がだまされることはなくなります。

出会うまでは期待を手放す

気持ちが昂るのはわからなくはありません。しかし、それでは相手の思うつぼです。今後出会い系サイトに参加される方も、一度失敗し再挑戦される方も、信用するという行為を、もっと先に設置するようにしてください。

信用というのは、築くのには大変な労力と時間がかかるのに対し、壊れるのは一瞬だと言われるほど、繊細なものです。結婚した夫婦ですら、お互いに信用しあえない人たちだっているのに、実際にあった事もない相手に対して信用が生まれている時点で、その感情を疑わねばなりません。